02.算術演算子をマスターする

Thanks for your watching! This site summarizes the basic information about C #

02.算術演算子をマスターする

2019年5月21日 C C# IT プログラミング 初心者 基礎 学習 演算子 算術演算子 0

このページでは、算術演算子について学習します。その他演算子は、次回以降に紹介します。これらは非常に重要なので、覚える必要があります。

♢演算子には種類がある

演算子は、大きく分けて以下の5種類に大別されます。

  • 算術演算子
  • 論理演算子
  • 関係演算子
  • 代入演算子
  • ビット演算子

♦算術演算子

私たちが一般的に慣れ親しんでいるのは、「算術演算子」ですね。

小学校で習う「+、-、×、÷」です。

これらに加え、プログラミングにおける算術演算子には「剰余」「インクリメント」「デクリメント」があります。

剰余とは、ある数を除した際の「余り」を返します。例えば、以下のような文があるとします。

int x ;

x = 8 % 3

ここで、「 8 / 3 = 2 余り 2 」であるので、xには余りの「2」が代入されます。

インクリメント、デクリメントとは、ある数を「+1」する、もしくは「-1」する演算子です。それぞれ「++」「–」と表記します。

例えば、以下のような文があるとします。

int x = 5;    //xは5

int y = x++;   //yは5(xの値はyに代入された後に+1される)

int z = ++x;   //zは7(xの値を+1してからzに代入する)

y には5が代入され、その後 x は +1 され、「x = 6」となります。

その後、xは+1された後に、zにxの値が代入されるため、「z = 7, x = 7」となります。

これらは主に、制御構文のセクションで頻繁にみることとなるでしょう。

算術演算子に関するスライドを以下に載せます。

画像:算術演算子

算術演算子については以上です。最後まで読み進めて頂きありがとうございました!

引き続き、学習を進めてください。ご不明な点がございましたらメールorコメントをお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です